スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】ヴぁんぷ! 5巻

ヴぁんぷ! 5 (電撃文庫 な 9-36)ヴぁんぷ! 5 (電撃文庫 な 9-36)
(2010/10)
成田 良悟

商品詳細を見る


『ヴぁんぷ!』は今まで友達に借りて読んでたんだけど、新刊が待ちきれなくて結局自分で購入しちゃいました。

今巻はレリックとヒルダ側(グローワース島)の話です。


簡単にあらすじを書くと、こんな感じ。

グローワース島で連続殺人事件が発生。
その猟奇的な犯行は吸血鬼の噂と相まって島内を恐怖で包み込んでいく。
心を読む吸血鬼や名探偵の吸血鬼、その助手の狼少女に「血族」の男女、城主レリックに恋人のヒルダ、そして、偉大なる小者ヴォッド市長。
そんな常識外の者達すら事件は飲み込んでいく。
そう、本人が望もうと望むまいと。



つまり、いつもの成田作品です。笑

「バッカーノ!1710」みたいな衝撃はないのでご安心を。


ああ、ただ、人によってはちょっとした衝撃みたいなものはあるかも。

個人的には「やっぱりそうなるよね」という感じだったんで、そこまで驚きはしなかったけど。


なんというか、個人的には、フェレットが無事なら何が起こっても平気な気がします←



しかし、冒頭でレリックとヒルダの話って書いちゃったけど、話のメインは半人半鬼のヴォッド市長だったような気もします。

なんか、小者市長がすごくかっこよかった。

特に遺族との「約束」を守ろうとするシーンね。あれには感動しました。


市長かっこいいよ市長(小者だけど)

小者だけどかっこいいよ市長(小者だけど)


まさにそんな感じ。笑

これからも市長には期待しています!!



新キャラでは、血族の使用人パメラが可愛かったかな。

洋服褒められて気分よくするところとか、食鬼人に食べられて逃げるところとか、最後のディンギルと会話してるとか、もう最高だよね。

そして、口絵イヤッホーィ!!!

今後もちょくちょく出てくれるといいな。


サブキャラといえば、ロミー・マーズも好きでした。

今回は出てなかったけど、またいつか短編ででもいいから出して欲しい。



あと細かい部分は箇条書きに。

・ニート組が相変わらず面白かった。

・「聖辺」って、デュラのルリの家系かな?

・レリックが無敵すぎる。

・メイドさん達が怖かわいい!!

・キーボードの言う「縄張り争い」で東京を管轄してるのは誰なんだろ?



というわけで、ヴぁんぷ!5巻も面白かったです。

やっぱり成田作品はいいね。

バッカーノ、デュラ、針山さん、越佐大橋シリーズ、どれも大好きです。

次巻も期待!!


ヴぁんぷもアニメ化されないかな~(針山さんでも越佐大橋シリーズでもバッカーノ2期でもデュラ2期でもいいけど)




ちなみに、各シリーズで好きなキャラ

バッカーノ:アイザックとミリア

デュラララ:平和島兄弟

ヴぁんぷ:フェレット

越佐大橋シリーズ:シャーロックとシャーロット

針山さん:結構バラバラ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

larkchirp

Author:larkchirp
様々なことを記す場所。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
おすすめ商品
最新コメント
カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。