スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版 機動戦士ガンダム00

グラハムかっけぇぇぇぇ!!!!!!


感想はこれくらいかな……。

事前の評判どおり、終盤がちょっと曖昧でした。

なんというか、強引に終わらせにいってたのがね。


最初に出てきたイノベーター「デカルト・シャーマン」があっさり死んじゃったのも残念。

意味深な演出をしてたんだから、もう少し存在価値を与えられたら良かったのに。

最終決戦時における人類との対話用ELSとかさ。←実はこうなると思ってた。

せっかく人類に取り付くっていう設定もあったんだしね。


突っ込みどころは他にもいっぱい。

ミレイナのティエリア好き発言(唐突すぎて笑ってしまった。みんなあれだったし、焦ったのかな?笑)や

小熊の無駄死に(……ドンマイ)、

最後のティエリアの存在意義(「ヴェーダでバックアップする」→「余計な情報は受け流せ」)や

おばあさんになったマリア(熟女!熟女!!)など、

なんかもういろいろとあれでした。笑


ミーナくぎゅうは可愛かったから許せる!

コーラサワーの不死身伝説も顕在でよかったです。


そしてなんと言っても、グラハムが最後までカッコよかった!!てか、これにつきる。

序盤にあった急反転からの敵殲滅のシーンがこの劇場版の唯一の見せ場だと思ってます。

ハレルヤとロックオンが刹那の通り道をちゃんと切り開いていたら、あんなことにはならなかったのにね……。

残念。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

larkchirp

Author:larkchirp
様々なことを記す場所。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
おすすめ商品
最新コメント
カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。