スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリアビートル

伊坂さんの新作「マリアビートル」を読み終わったので感想でも。

あらすじはこちら(公式HPより)
酒浸りの元殺し屋「木村」は、幼い息子に重傷を負わせた悪魔のような中学生「王子」に復讐するため、東京発盛岡行きの東北新幹線〈はやて〉に乗り込む。取り返した人質と身代金を盛岡まで護送する二人組の殺し屋「蜜柑」と「檸檬」は、車中で人質を何者かに殺され、また身代金の入ったトランクも紛失してしまう。そして、その身代金強奪を指示された、ことごとくツキのない殺し屋「七尾」は、奪った身代金を手に上野駅で新幹線を降りるはずだったのだが……。


新幹線の中で殺し屋達が暗躍し、終わってみれば新幹線に死体の山が……というお話です。笑

これも「七尾」の不幸のなせる業なのか!?


そんな「七尾」だけど、腕は一流で、対「蜜柑」、「檸檬」、「スズメバチ」戦では本当にかっこよかったです。

首折りの技術すげぇぇ!

パートナーである「真莉亜」との会話も面白かった。

文章では説明しづらいけど、ああいう関係っていいよね。憧れる!


「蜜柑」と「檸檬」も好きでした。

最後の「あいつも俺も負けず嫌いで、素直じゃなかったわけだ」っていうのが、二人の関係を物語ってる気がします。

トーマスについて熱く語る「檸檬」と小説の一節を読み上げながらキレる「蜜柑」が印象的。

久しぶりにトーマス見たいな~。


自分自身の確固たる軸を持っていて決してブレないという点では、「王子」も好感が持てるキャラだったかな。

虐殺のメカニズムについての考察も興味深かったしね。

ただ、「七尾」と出会ってしまったのが運のつき。

いくら幸運を呼び寄せる体質とはいえ、不幸の女神に愛された者に勝てるわけないもんね!笑

「木村夫婦」とあの後どうなったんだろ……。


他にも前作から「槿」、「スズメバチ」、「桃」などが登場します。

スズメバチが二人ペアだったのは覚えてたけど、まさかあの人がそうだったとはね。ビックリ。

壮大な計画だったんだなあ。




しかし、読み終わってみると、細かい不幸は連続するものの「七尾」って意外と幸運の女神にも愛されてるってわかるよね。

本当にギリギリの部分で、だけど。笑


まあそうでもないと、あの業界では生き残れないか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

larkchirp

Author:larkchirp
様々なことを記す場所。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
おすすめ商品
最新コメント
カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。