スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからの「正義」の話をしよう

『これからの「正義」の話をしよう』という本を読了したので、その感想を。


【内容】amazonより抜粋

1人を殺せば5人が助かる状況があったとしたら、あなたはその1人を殺すべきか?
金持ちに高い税金を課し、貧しい人びとに再分配するのは公正なことだろうか?
前の世代が犯した過ちについて、私たちに償いの義務はあるのだろうか――。

つまるところこれらは、「正義」をめぐる哲学の問題なのだ。
社会に生きるうえで私たちが直面する、正解のない、にもかかわらず決断をせまられる問題である。

哲学は、机上の空論では断じてない。
金融危機、経済格差、テロ、戦後補償といった、現代世界を覆う無数の困難の奥には、つねにこうした哲学・倫理の問題が潜んでいる。
この問題に向き合うことなしには、よい社会をつくり、そこで生きることはできない。

アリストテレス、ロック、カント、ベンサム、ミル、ロールズ、そしてノージックといった古今の哲学者たちは、これらにどう取り組んだのだろう。彼らの考えを吟味することで、見えてくるものがきっとあるはずだ。

ハーバード大学史上空前の履修者数を記録しつづける、超人気講義「Justice(正義)」をもとにした全米ベストセラー"Justice: What's the Right Thing to Do?"、待望の邦訳。


【感想】

様々な例を挙げながら問題を検証していくという方式なので、とても読みやすかったなという印象。

ベンサム功利主義やリバタリアンの見解、アリストテレスやカントの正義観など、それ単体で学ぶとしたら難しい内容も、対比や具体例を提示してくれるので、より分かりやすく、また考えさせられるものになっています。

そして、問題に関わる「主張」とそれに対する「反対意見」がバランスよくとられているので、どちらの意見にも与することができ、最終的には自分で考える必要がある点も面白かったです。

中でもベビーM事件や徴兵制の問題などはとても興味深く、読んでて楽しいものでした。
法学部生としてリバタリアンの意見に賛同しがちになるけど、反対意見を読むとそれはそれでなるほどなと思ったり。

ただ、気をつけないといけないのは、やはりアメリカで書かれた内容なので日本人としてはなじみのない問題もあり、なかなか理解し難いこともあるということです。
特に「同姓婚問題」に関しては、「それはどうなの?」と少し悩まされることもあったり。
厳密に言えばこの問題も日本に関係ないことはないんだけど、アメリカほど宗教が重要な位置を占めてない日本人が考えると、少し遠い問題のような気がするんですよね。
争点上、「結婚の目的」を議論するのではなく、やはり「結婚という制度の目的」が問題にされるべきだと思うわけです。個人的な考えですけど。

でも、こんなことを考えることができるのも、この本のいいところだと思います。
著者の押し付け気味の意見はなく、あくまで考え方を提示してくれてるだけなのでね。

ちなみに、ところどころにあるニヤッとする面白い表現や具体例もあるので、そこもおススメです。
経済危機に陥れながらも失敗認めない経営者に対して、アメリカの議員が言った「日本人的謝罪の方法」とかね。

なので、少しでも興味のある人は読んでみて絶対に損はないと思います。
アリストテレスやカントの哲学について学べるところも多いので。

というわけで、個人的におススメの一冊です!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

larkchirp

Author:larkchirp
様々なことを記す場所。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
おすすめ商品
最新コメント
カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。