スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rewrite 感想・評価

iphone_20110702171521.jpg


今日ようやく「Rewrite」をコンプリートしました!!

最近更新が滞っていたのはこれが原因。

上記画像は初回限定版の中身です。


オフィシャルガイドブック、アレンジアルバム、ラジオCD、ヴァイスシュヴァルツオリジナルカード、

Lyceeオリジナルカード、差し替えジャケット、ストラップが入ってます。


ガイドブックはネタバレがあるので、プレイ後に読むことを推奨。

何も考えずに先に読んでしまって少し後悔しました。。。


プレイ時間は計50時間くらいかな。

それなりにボリュームはありました。

感想は、、、まあ賛否両論あるだろうなといった感じ。

良くも悪くも今までのKey作品とは違った感じなので。

泣きゲーを期待する人にはあまりオススメできないかもしれません。

もちろん感動できるところはあるんですがね。



以下、ネタバレをまじえつつ各ルートの感想を書いていきます。

未プレイの人は華麗にスルーしてください。






【共通ルート】

序盤は体験版とほとんど変わらない感じかな。

マッピーが少し煩わしい(マウス操作がだるい)くらいで、そのほかは結構楽しめました。

吉野絡みが全体的に面白いです。キャラぶれまくりだし!笑

吉野の歌はリピート推奨♪♪

会話に関しては、朱音(切り返しのセンス)とちはや(天然系の可愛らしさ)も面白かったです!

他3人は個別ルートに入らないと微妙かな。

あくまでも個人的な印象だけどね。


気になった点はやっぱりルチアとちはやの関係性。

喧嘩した直後の放課後にも関わらず、一緒に行動し、なおかつギャグを言い合うのはどうかと。

あそこはどちらか居なくても良かったんじゃないかな(シナリオ的に考えればルチアか)



以下、個別ルートの感想。

攻略順(ちはや→小鳥→ルチア→静流→会長)で書いていきます。





【ちはや】

ちはやという名の咲夜ルート!咲夜が常時かっこいいです!!

「咲夜はかっこいいですからね」とちはやが言うのも納得。

執事スゲー!

もちろん、ちはやも可愛いです。会話から滲み出るオオトリウイルス!笑

途中からデレデレですしね。バカなところも含めて全てが可愛い!!

ただ、このルートはシナリオがね・・・・・。

盛り上がるところに限って文章が助長になりがちだったのが残念。

もっと推敲して無駄な部分をそぎ落として欲しかったかな。

バトルのところとか無駄に長くて盛り上がるに盛り上がれなかったので。

個人的に対強硬派戦(ミドウ戦とか)はいらなかった気がしてなりません。。。

まあ、咲夜の格好良さとちはやの可愛いさでシナリオの微妙さを我慢できるかが分かれ目かと。

個人的には、ちはやが好きだったのでその点には目をつぶることができました。

<評価>
シナリオ △
キャラ ○

※どうでもいいけど、どのルートでもちはやは結構あっさりとガイアを抜けるよね


【小鳥】

一番印象が薄いルートかな。

もちろん瑚太朗との関係が一番深いルートなんだけどね。

シナリオがいまいちというよりも、情報をぼかしまくって、読んでもなかなか頭に入ってこない感じでした。

伏線を隠すためにわざわざ「こそあど」言葉を多用してるから、分かりづらいのかも。

いろいろなルートとの絡みもあって表現が難しかったのかもしれないけど、もう少し分かりやすくして欲しかったです。

小鳥との絡みもあまりないし、個別ルートとしてもいまいちだったかな。

「小鳥ルート」ならではの小鳥と瑚太朗のイベントがあればよかったと思います。

あと、最後は小鳥との再会で終わらせて欲しかった。

千和さんの演技が凄かった分、もったいない気がしてなりません。。。

<評価>
シナリオ △
キャラ △


【ルチア】

恐らく一番評価が分かれるルートかと。

シナリオの矛盾というか、ツメが甘かった気がします。

印刷部屋の一人芝居とかね。

あのせいでネタ晴らしされても、「え?お前も驚いてたじゃん!おかしくね?」ってなるし。

あと、最後の瑚太朗が戸惑うシーン。

あれだけ「好き」って言ってたのに、いきなりどうしたんだよ?という印象しか受けなくてイライラしました。

無駄にバトルとかも入るせいで、最後の部分は「ただ読み進めるだけのストーリー」になってた気がします。

自分を書き換えて毒の耐性を得るところとか、ルチアがデレまくるところとかは素晴らしいんですけどね。

うーん。。。

いろいろともったいない。

<評価>
シナリオ △
キャラ △ ※吉野のシナリオは熱かった。


【静流】

静流ルートは、個別シナリオの中でもストーリーが一番読みやすかったです。

他のルートとは異なり、読むだけですっと理解できる感じでした。

ロック解除によるシナリオだったってこともあるんだろうけどね。

そのおかげか一番楽しめた話だった気がします。

デレという部分はあまりないですが、共同生活編はそれなりに面白かったですし。

あの瑚太朗の行動を許容するなんて、静流さん素晴らしすぎる!!笑

最後の瑚太郎との再会で、静流が救われたのかどうかは判断の分かれるところだろうけどね。

どうでもいいけど、最後の「ぎる」と「ぱに」で泣きそうになりました。

ああいう展開に弱いんです><

<評価>
シナリオ ○
キャラ ○


【朱音】

すっぽんぽーん!!

会長可愛いいいいよおおおおおおおおおおおおお!!!!

体験版の時から会長大好きな俺には大満足なルートでした。

おっぱいイベントとか俺得すぎて、セーブ&ロードを繰り返してまで楽しんでやりましたよ!!

CGが無かったのが悔やまれるぜ!あそこだけ18禁版を出してくれないかな~笑

その他のシナリオも概ね満足。

会長が時々見せるデレ要素とか、常時見せるヘタレ属性など全てが素晴らしかったと思います(盲目的信仰)

しまこも可愛かったよね。

石の町に行くまでの吉野の熱さにも感動しました。

あいつマジでカッコいいわ。ロックだぜ!!

最後の2人で歩くCGも素敵。

2人で人里離れて暮らすとか、、、絶対おっぱい揉みまくってるじゃないですか!!!!

羨ましい><

やっぱりおっぱいは正義だよね!!!

<評価>
シナリオ ◎
キャラ ○


【moon】

篝(月)ルート~無口編~です。

この話も伏線をはりまくるためか、わざと「こそあど」言葉や曖昧な表現を多用しているので読みにくかったです。

なので、1週目だと少し辛いかも。

次の『terra』を読んだ後になら、それなりに楽しめる、、、のかも。

このmoonでようやくオカ研のメンバーが揃います!

イヤッホー!!

それだけでもテンション上がりまくりだったんですが、最後の咲夜登場でテンションがMAXになりました!!

あの演出は卑怯だわ!!!知ってたけど、咲夜無駄にカッコいいじゃないですか!!!!

惚れたぜ!笑

それにしても加島桜は凄いですね。どれだけの終末思想を抱えてたんだ。

<評価>
シナリオ ○
キャラ ◎


【terra】

篝(地球)ルート~いろんなことをしてもいいよ編~

この話で瑚太朗が完全にロリマスターに!笑

篝、ヤスミン、ロリ小鳥、ロリ朱音と攻略(?)していきますからね~

アッミーゴ!!!

この話の篝は知性を獲得しているため、moon編より一段とかわいく見えます!!!!

シナリオも最終編だけあってかなり楽しめました。

最終バトルがぽっと出の恐竜ってのはいかがなものかとは思うけど、最後がうまくまとまっていたのでまあ良しとしよう。

本当は対加島桜戦が見たかったんだけどね。

ラストの「瑚太朗召還」→「月へと飛翔」という流れも良かったと思います。

<評価>
シナリオ ○
キャラ ◎


【おっぱいルート】

おっぱいおっぱい!!!!!

このルートが物凄くおっぱいだったので、個人的には大満足でした!!

このためにRewriteを買ってもいいくらいだと思います。

それくらいおっぱい!!!!

篝ちゃん、ノームネーでもかわいいよー!!!!!!

FDの発売楽しみにしてます(`・ω・´)


乙月杯日 (・人・)

<評価>
シナリオ ◎◎
キャラ ◎◎


これこそ真のトゥルールート!!

おっぱいは世界を救う!!!!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

larkchirp

Author:larkchirp
様々なことを記す場所。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
おすすめ商品
最新コメント
カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。