スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かべちょろ

かべちょろって方言らしいですね。さっきwikiで知りました。

普通に全国的な俗称かと思ってた。

今回はそんな「かべちょろ」、通称ヤモリのお話です。


家が結構田舎なので夜になると風呂場の窓にヤモリがやってくるんですよね。もちろん窓の外側にですが。

風呂場の明かりに誘われた虫(ほとんど蛾ですが)を食べに来るわけです。

そんなわけで、いつも風呂に入ると窓の外に張り付いてるやつらが目に入ってきます。

「スタンバイ、レディ!」ってな感じで待機してるやつらが。笑

それを、「おっ!今日も頑張ってるな」というまさに神の気分で眺めつつ、湯船に浸かるわけです。

デンデ様もきっと仕事をしている人間を見てこんなことを思ってるんでしょうね。


その後数分くらいすると、その光につられて蛾たちが集まってきます。

飛んで火にいるなんとやらですな。

習性上仕方ないこととはいえ、もう少し経験から学んでもよさそうなものですが。笑

喉元を過ぎれば熱さも忘れるそうですが、この場合喉元を通るのは自分自身ですからね。

残念すぎるよ!


そんなわけで、ここに至りようやく火蓋が切られ、

「さあ、狩りの開始じゃああ!!レッツ、パーリィ!!!」とヤモリ達がハンティングを開始します。


その様子を俺は体を洗ったりしながら眺めてたりしています。

「気をつけろ!後ろからやつらが迫ってきてるぞ!!」と蛾を応援したり、逆に「バカ!下だ!下にでかい獲物が飛んでるぞ!!」とヤモリを応援したりしながらね。笑

蛾がヤモリをおちょくるように飛ぶ様子や、蛾の緊急回避よりも早く動き捉えるヤモリの様子は結構楽しかったりするんですよね。

窓ガラス一枚挟んでるので、虫版サファリパークのような感じです。

そこに見えるのは、まさに『野生』なんですよね!!

ヤモリ同士での縄張り争いや獲物の奪い合いといった同種同士の争いも起こったりもするし。

体の小さいヤモリが大きいヤモリに襲われて敗走する場面を見るとなんだか切なくなります。

「お前さっきも食ってたじゃん!もう絶対お腹一杯だろ!!譲ってやれよ!!」とか思ったり。

弱肉強食って残酷だよね……。

自然の摂理なので助けたりはしませんが。

円環の理に導かれてるわけだしね(謎)

まあ風呂の中では、そんな神タイムを満喫しているわけです。



と、ここまで書いといてあれですが、この話には特にオチがあるわけじゃありません。

ただ単に風呂ではこんなことしてるよってだけの話です。笑

男なのに申し訳ない><

でも、結構みんな何かしてると思うんですよね、風呂に入ってる時って。

今の時期はこんなよく分からない観察とかしてますが、それ以外の時は自分なりに物語設定を作ったり、カッコいい台詞を考えたりしてることが多いです。

よくある「寝る前に考えること」ってやつと同じですね。笑

それ以外にすること無いんで。


いつかそれらを一本の小説にできたらいいんだけどね。

絶対面白いはず!!←変な自信
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

larkchirp

Author:larkchirp
様々なことを記す場所。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
おすすめ商品
最新コメント
カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。