スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新世界より

久々に小説を読んだので、その感想を少し。

読んだのは、貴志祐介さんの『新世界より』


新世界より(上) (講談社文庫)新世界より(上) (講談社文庫)
(2011/01/14)
貴志 祐介

商品詳細を見る


文庫版で、上中下の三巻構成です。


【あらすじ】※上巻裏表紙より抜粋
1000年後の日本。
豊かな自然に抱かれた集落、神栖66町には純粋な子供たちの歓声が響く。
周囲を注連縄で囲まれたこの町には、外から穢れが侵入することはない。
「神の力(念動力)」を得るに至った人類が手にした平和。
念動力の技を磨く子供たちは野心と希望に燃えていた――。
隠された先史文明の一端を知るまでは。



ジャンルはSFになるのかな。

舞台はあらすじにもある通り、1000年後の日本です。

そこには、念動力(物語の中では「呪力」と呼ばれている)を当然のように扱う人間がいて、注連縄で穢れと恐怖に満ちた外の世界を切り離しながら、1000年の時を経て変化した生態系と共に平和な生活を送っています。

しかし、当然、「人間がどのようにして呪力を得たのか」や、「外側の世界は何故穢れに満ちているのか」など多くの謎があるわけで。
※登場人物たちそれが当然の社会で生きてきたので、それが不思議なことだとは思ってませんが。

そうした謎がこの物語のテーマとなってきます。


個人的には、こういった世界観が好きな方なので、最後まで一気に読んでしまいました。

念動力や登場する特殊生物などについての説明も結構しっかり書かれているので、SFが苦手だって人でも楽しめると思います。設定も特に難しくはないので。

ストーリーも「謎が謎を呼び、危険がさらなる危険を誘い込む」というものなので、ぐいぐいと物語に引き込まれていくと思います。


また、終始「正しいけれどなんだか正しくないような気がする」といった感情を抱かせてくれるところも面白いところかと。

現実にも通じるところがあったりして、考えさせらる部分もあったしね。

教育制度についてとか。



まあ、詳しく書くとネタバレにもなるのでこの辺でやめておきます。

ちょっとしたネタバレ感想は「続きを見る」以降に簡単に書いておくので、よければそちらを見てください。



上中下巻で少し長いですが、2日もあれば十分読み終えることができるので、暇なときにでも読んでみてください。

オススメです。


【感想、ネタバレあり】

個人的に一番好きだったのは奇狼丸でした。

頭が良く、力強い上に、義理堅く、リーダーとしても申し分ないという、まさに完璧な「人間」だったような気がします。

散り際もかっこよかったしね。

異類という存在ながら、一番「賢い」キャラだったと思います。


人間の中だと、瞬が好きだったかな。

なので、もう少し活躍して欲しかった><

早季には覚よりも瞬の方がお似合いだった気がするしね。

覚とか完全に吊り橋効果じゃん。。。

神童って位置づけは、やはり死亡フラグなのか。


真理亜と守は……(´;ω;`)

真理亜の子供ならもっと可愛いく育っただろうに。

残念!!
真理亜と早季の子供ならもっと可愛かっただろうことは言うまでもないけど。笑

この幼馴染5人が治める町を見てみたかったんだけどね。

きっと、あの事件がなくても町を変えられただろうし。

う~ん><



内容としては、「確かに正しいんだけど本質的には間違っているような気もする」と感じさせられる部分が多かったのが印象的でした。

バケネズミと愧死機構の話や教育という名の監視体制、コロニーの女王の扱いや図書検閲とか。

確かに必要な措置で、それ自体は一見必要不可欠に見えるんだけど、本当にそこまでする必要はないんじゃないかと思う反面、間違いであるとするには代償が大きすぎるから、仕方ないと割り切れる部分もあったりして。

そんな矛盾した割り切れない感情をもたらす設定が随所に見られるところが面白かったんだと思います。

「知らぬが仏」って言うけど、案外そういうことも大切なのかもね。



そして、最後に。


日野光風はネタキャラ!笑

やっぱり慢心したらダメだね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

larkchirp

Author:larkchirp
様々なことを記す場所。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
おすすめ商品
最新コメント
カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。