スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】ビブリア古書堂の事件手帖

1月頭に購入して読み終えていたんですが、なかなか感想を書く時間が無く、そのままズルズルと先延ばしにしている間に、本屋大賞のノミネート作品に選ばれたというニュースを聞いて驚きました。

本屋大賞って文庫本も対象だったんですね!!まあ、考えてみれば当然なんですが。

というわけで、今更ながら感想を書いていこうと思います。

まずは、あらすじとネタバレ無しの感想を少し。

【1巻】
MW文庫HPより
 鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない、若くきれいな女性だ。だが、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。
 だが、古書の知識は並大抵ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも。彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。
 これは栞子と奇妙な客人が織りなす、“古書と秘密”の物語である。


【2巻】
MW文庫HPより
 鎌倉の片隅にひっそりと佇むビブリア古書堂。その美しい女店主が帰ってきた。だが、入院以前とは勝手が違うよう。店内で古書と悪戦苦闘する無骨な青年の存在に、戸惑いつつもひそかに目を細めるのだった。
 変わらないことも一つある──それは持ち主の秘密を抱えて持ち込まれる本。まるで吸い寄せられるかのように舞い込んでくる古書には、人の秘密、そして想いがこもっている。青年とともに彼女はそれをあるときは鋭く、あるときは優しく紐解いていき──。

 

あらすじにもある通り、古本屋が舞台(といったら少し語弊があるんですが)のお話しです。

主人公は就職活動がうまくいってない大学生で、古本屋の主人栞子さんがヒロイン(巨乳)です。

ジャンルとしてはミステリーになるのかな。

栞子さんが膨大な本に関する知識を利用していろいろな謎を解き明かしていくという物語です。

「安楽椅子探偵」に近く、主人公が栞子さんの助手としてそれをサポートしていきます。

古本屋ということでいろいろな本(小説に留まらず、漫画なども)に関する知識が多く出てくるので、それを目当てに読んでみるのも面白いかもしれません。

あと、ここが重要なんですが、栞子さんが可愛すぎます!!笑

こんな書店に就職したいですね~(`・ω・´)

どこかにないですか??


と、まあ大雑把な本の紹介と感想はここまでにして、以下からネタバレありの感想を書いていこうと思います。

念のためご注意を。

続きを読む

プロフィール

larkchirp

Author:larkchirp
様々なことを記す場所。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
おすすめ商品
最新コメント
カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。