スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うーん。。。

本を買うときの決めてっていくつかあると思うんです。

一番多いのは作者買いかな。
自分で言えば、伊坂幸太郎さんや辻村深月さんとかがこれにあたります。
「まあ、ハズレは無いだろう」という感じですね。
読書が好きな人なら少なからず一人くらいはいるのではないでしょうか。

次に「あらすじ」で決めるというやり方があります。
表紙買いとも被るところがあると思いますが、気なる本(表紙が良いとかタイトルが素晴らしい等)を見つけて、あらずじを見て決めるもの。
自分の中では「青春系」が多いですかね。
自分では出来なかったことの追体験みたいなのができるのが好きだったりします。

そのほかにも、完全に表紙だけで決めたり、人気があるからと言った理由や○○大賞をとった作品だからというのもあると思います。
本の選び方に正解など無いですから、当然不正解もありません。

個人的には、
『読んで楽しかったら良し。自分に合わない場合でもその本の何がダメだったか分かっただけでも儲けものなので良し』と思うようにしています。

本を読んで得られないことなんて無いと思うんです。


では、なんでこんなとりとめの無いことを書いているかというと、
『その本の良し悪しが作者とは別の部分で決まっているのではないか』
と思うような出来事にあたったからです。

だいたい面白く無い本に当たると、「この作者は自分に合わないから、次作が出てもちょっと・・・」となってしまうと思うんですが、
もしそれが作者のせいではない可能性が高いとしたら、どうでしょうか?

その場合、作者、読者共に不幸になってしまうのではないでしょうか。

自分は、その可能性が高いものに出会ったのです。


上記の本の選び方の中に、『出版社(レーベル)買い』というのもあると思います。
「○○社」の本なら信頼できるとか「△△レーベル」の本は自分にあっているとかですね。
自分でいえば「メディアワークス文庫」がこれに当たります。
メディアワークス文庫の本は個人的にとても合っていて、ハズレだなあと思う作品はほとんどありませんでした。
どれもきちんと小説として成り立っていて、なおかつ面白いという作品ばかりが揃っている印象です。



・・・。


そんなことあたり前じゃんと思っているかもしれません。


自分もそう思っていました。


あるレーベルに出会うまでは。





それが「新潮社nex」です。
※好きな方いたら申し訳ないです。


作者買いで1冊、帯のうたい文句が気になって1冊、あらすじが気になって1冊と、計3冊買いました。
3人共作者は別の方です。


しかし、その3冊すべての感想が、

「あれ・・・?これ・・・・・・編集の人付いてる???」

というものでした。

なんというか、自分程度のものが指摘するのもおこがましいのですけど、どれも「荒い」印象しか受けませんでした。

具体的にいうと、「見せ方が下手」「文章になっていない部分がある」「読みにくい」という感じ。

1人だけならまだ「こういう作者もいるよね」で済まされるんですが、同じ出版社でこうも続くと出版元側の技量の問題な気がします。
新部門っぽいから仕方ないのかもしれませんが、はっきり言って扱いが雑だと思います。

もうちょっとなんとかしないと、買う読者も不幸だし、世に出す作者も不幸になり、誰も得しない気がするんですよねえ。


こんな感想を抱いたのは自分だけ・・・なのかな?
もしそうなら、自分が手にとった3冊が偶然にもすべて自分に合わなかっただけの話なんですけどね。

うーん。。。

出版不況が叫ばれてる中だからこそ、そういうところを大事にしてほしいと思った次第です。
スポンサーサイト

3月のライオン 11巻

アニメ化も決まった3月のライオン11巻の感想です。

前巻での「結婚する」発言には驚かされましが、今回はその続きから。

お父さん問題、ようやく解決です。

「現実は小説より奇なり」とはよく言われますが、こういう人もいるんだろうなあ。

「かっこう」発言とか「子供を使う」手段とか、姑息でどうしようもない感じがある意味すごかったです。。。

女の人を引き寄せる体質なんですかね~

まあ、あまりにも現実から離れすぎていたため、嫌いにもなれない人だった気もします(´∀`)


今巻で一番印象に残ったのは雷堂さんとの戦いですかね。

横歩取りは自分も好きな戦法なので、見てて楽しかったです。

そして、なにより雷堂さんの想像の中に出てくる女性がみんな可愛かった!!

あんな年上のお姉さんとお知り合いになりたいです(願望

最後の「ありません」も良かった!

まああの状態(飛車詰んだ状態)から、勝ち切るのは至難の業だからね(´・ω・`)シカタナイ

島田さんは・・・まあ・・・・・ドンマイ!!

次巻はあかりさんの伴侶探しになるのかな?余計なお世話になりそうな気もするけどね笑

楽しみ!!



<王座戦第四局の感想>
羽生さんの58手目6九金がすごかったと思う。

ニコニコのコメントには書かれていたけど、「そんなソフトみたいな手指せないやろう」と思ってた!

流石やなあ(`・ω・´)

2勝2敗で最終局へ。防衛か奪取か。

こちらも楽しみです!

最近思うこと

最近よく思うこと。


1.「作画」について

アニメの評価が「作画」によりすぎているんじゃないかなと。

もちろん綺麗であればあるほど素晴らしいとは思うんだけど、それだけではないと思うんだよね。

まあ単純に『可愛さ』を売りにしているアニメが多いのも原因だろうけど。

う~ん。

もうちょっとストーリー重視のアニメが増えるといいんだけどなあ。

「ノエイン」とか今放送されると、どういう評価になるのか気になる!



2.偏向的な見方について

最近よく見る「左翼的」とか「右翼的」とかの話題。

ただ、そういった話題の大半が、本質的な内容を掴めてなかったりすることが多いんじゃないかと思うんですよね。

大手ブログサイトとか見ると、この内容でよくこんな偏向的な内容を書けるなあと感心させられることがしばしばあります。

もちろん、針小棒大と分かって書いてる部分も大いにあるとは思いますが、

それを鵜呑みにしている人がかなりいるのが信じられないんですよね。

昔知り合いに「○○は□□製だから~」「××は△△だから政治家に向いていない」と、

まとめサイトに載っていることをそのまま言われたことがあります。

20代後半ですらこのような有様ですから、中高生だとよりそういった傾向が出やすいと思います

もちろん、主義主張はそれぞれであるので、そのこと自体が間違いだと思っているわけではないです。

ここで言いたいのは、その記事や内容をしっかり見て(聞いて)いるのか、ということです。

「みんな(『みんな』というのも少し愚かな気もしますが)が言っているから」と、ただ情報を受け取っているに過ぎない人が多いと思うんですよね。

きちんと自分の中でその内容について反論を作らず、一面的に捉えている人が多くみえて恐ろしいです。

もっと多面的というか、アンチテーゼを自分の中で作れないといけないのではないかな。

まあ、ここで書いても仕方のないことだとは思うけどね。



○「集団的自衛権」について≪個人的な見方≫
 「自国の安全を守るにはどうしたらよいか」 ←これが本題のはず

 「軍事力ありき」 
 方法論の一つとしてはあり。右翼的とかの問題ではない。
 問題は『戦闘になること』をどのように捉えるかということ。
 侵略とは何を指すのかや、国家の存亡は一個人の生命を上回るのかといった点。

 「反対のデモを行う」
 意思表示の一行動としてはあり。左翼的とかの問題ではない。
 効果が期待できるかは不透明だけど、それだけで否定されては駄目なはず。
 対案が謎である点が気になる。反対するだけなら誰でも出来るので。

 「9条があるから」
 そもそも本題からずれているが、もしかしたら国家の安全など不要だと考えているのかもしれない。
 勿論そのような主張が存在することは理解できるが・・・。


○政治家について≪個人的な見方≫
 国民から選ばれた全国民の代表者なので、利益を考えるのならば地方とかではなく日本を基準にするべき。
 一方で、個人でもあるためそれぞれに『主義主張』があるのは分かる。

 なので、「賛成」ならば「どのような理由で賛成」なのか、「反対」ならば「対案はどのようなもの」なのかが必要だと思う。
 「議論が尽くされていないので賛成できない」というのが一番分からない。
 (どのような点に納得すれば賛成できるのか分からない。反対ありきなのでは?)

 過激なパフォーマンスも大いに結構だと思う。
 無難な発言で裏で何をしているか分からない人よりも、はっきりとした方向性を持っている人の方が好感が持てる。 
 ただし、その結果の落選も自分次第。
 判断するのは国民なので。
 

○政治について
 自分は必ず投票に行くので、その結果も受け入れようにしてる。
 ただ、このまま投票率の低さがいくところまでいって、いつかまた「独裁政治」が現れるのではないかと『期待』もしてる。
 現状の打破には破壊しかないんじゃないかな。

 これを言うと引かれることが多いんだけど、間違ってもないと思うんだよね。
 個人的には9条うんぬん言う人は9条よりも「不断の努力」の方をピックアップすべきではないかと思う。

最近のお気に入り

最近のマイブームは「ラジオ」を聴くことと、「落語」を聴くこと!

最初はPodcastで聴いてたんですよねえ。

通勤時間中に聴けるのがいいところです。

そこで出会ったのが「日曜天国」!

安住さんのトークが面白く、ゲストコーナーのマイナーだけどちょっと興味がわくテーマもおススメです。

今はPodcastではなく本放送を聴いてますが、Podcastだけでも十分楽しめると思いますので、試しにそちらを聴いてみるのもいいかもしれないですね。

あとは「伊集院光の深夜の馬鹿力」

こちらは昔からの人気があるようなので、知ってる人も多そう。

自分は新参者なのですが、最初のトークパートが毎回面白く、一瞬にしてはまってしまいました。

こちらもPodcast版があるので、気になるかたはそちらで試し聞きするのをおススメします。
※下ネタも多いから、そこのとこだけご注意ください


他に聴いてるラジオ(ネットラジオ含む)は、

・「洲崎西」
 初回放送を偶然聴いていたんですが、まさかここまで大人気になるとは思っていませんでした。
 お風呂回のインパクトが強すぎて笑い転げてたのが今でも思い出されます。
 最初の頃は「ああ、この人たまこマーケットの人なのか」という感じでしたが、今や洲崎西の洲崎さんという感じですね!
 自分たちできちんとオチまで持っていく西さん洲崎さんのトーク力は本当にすごいなあと感心させられます。 

・「思春期が終わりません」
 鷲崎さんと浅沼さんのラジオ番組!響で隔週水曜放送中。自分はこれのためにアプリを入れてるくらい好きです。
 こちらは安定した面白さが売りです。
 ちょっと昔の話題で盛り上がったりするんですが、「世代的に付いていけないよー!だけど、、、だけど、面白い!!」となるところがミソですね。
 無駄に物知りになったりするところもポイントです(意味深)
 マンボウは・・・・

・「鷲崎健のTHE CATCH」
 2H時代から続く安定の面白さ。
 なんといっても、三角コーナーが魅力的です。
 個人的にはあまり押しつけがましく「オススメ」というのは苦手なのですが、これに関しては一聴の価値ありだと思っています!


続いて「落語」に関して。

自分は新作落語から入ったんですが、これが面白くて本当に何回聴いてもいいものだなあと思います。

おススメはやっぱり「バールのようなもの」ですかね。



自分が一番最初に聴いたのもこれでした!

志の輔さんの落語は枕(導入の部分)も面白く、初心者が一番入りやすいんじゃないかなあと思っています。

もちろん古典落語も良いものが多いので、創作落語で面白いなあと思ったら、そちらも聴いてみるといいかもですね。


以上、最近はまってるものでした。

消化シリーズ

やることがなくFF14休止してるので、最近はたまってた録画を意味もなく消化してます。

ドラマは1時間あるのでなかなか進まないですが、『すべてがFになる』をちょっとずつ見てます。

以前にも書いたかもしれないですけど、原作既読者としては「うーん。。。」と思うところも多いですね。

まあ、分かりやすくはなってますけど、逆に原作を読み終わった後のちょっと頭良くなった感が薄れてる気がします。

一長一短ってとこですね。


アニメでは『未確認で進行形』を見終わりました。

面白いと評判なのは知ってたのですが、なかなか見る機会がなくそのままになってたんですよね。

見てみると、やはり前評判通りすごく面白かったです。

というか、すべてはOPに凝縮されてると言っても過言ではないと思いますね。




ただ、一話がちょっときつかったかなあ。展開が遅くない?という感じで(´・ω・`)

でも、二話以降はむしろテンポがすごく良く、更に小紅ちゃんが可愛くてとても面白かったです。

白夜も地味だけどかっこよかった(*´ω`*)

人気の理由がすごくわかりました。


現在は「ワールドエンド」と「アルスラーン戦記」を消化中。

アルスラーン戦記は原作既読組だけど、うまくアニメにしてるなあという印象。

間延びさせず、カットしてもいいところをうまく切り、重要なところをしっかり押さえてる感じです。

でも、どこまでやるのかなあ。

王都凱旋(アルスラーン王戴冠)までやるとしたら、ルクナバード奪取、ギラン攻防戦とかはカットされるんだろうか。

その辺りも含め楽しみです!


FF14はアプデ来たら復帰しようかなあと思ってます。
プロフィール

larkchirp

Author:larkchirp
様々なことを記す場所。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
月別アーカイブ
おすすめ商品
最新コメント
カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。